おむつ、うんちの異臭・・・対策はコレだ!

子育て中での大きな登竜門であるおむつ替え。

特にうんちの処理は、避けているパパは多いのではないでしょうか。

 

かく言う私も最初は避けていた1人。。。

しかし、赤ちゃんのうんちは空気を読んで出てくるものではありません。

ママが不在のタイミングを狙ったかのように、うんちを出してくることもしばしば。。

 

赤ちゃんと言えど、うんちの臭いは中々強烈です。

そして、それからゴミ捨て日までは自宅で保管しなければなりません。

上手に処理しないと、異臭でまみれてしまいます。

 

そこで今回は、頭を悩ますうんちの処理方法をお伝えしていきます!

 

うんちの処理方法は

赤ちゃんの頃はゆるゆるです。

赤ちゃんのころは母乳やミルクしか摂取していないため、ゆるゆるうんちです。

その為、処理が非常に面倒です。(私の体験では1歳ぐらいには固まってきます)

早く気づいてあげないと泣き出すわ、うんちが広がってくるわで大変なので、うんちしたのを早く察知することが必要です。

 

子供がうんちする顔を見極めるべし

子供がうんちをする時は、何かしらの癖があるはずです。

うちの子供の場合、うんちをする時は悟りを開いた様な、無の表情に必ずなります。これは上の子、下の子両方そうでした。

恐らく大半の子供がそういった表情になります。

 

そういった表情の変化を日ごろから見逃さないようにしましょう。

 

うんちはトイレに流そう

子供がうんちをしたとき、愛しの子供といえど、うんちは見たくない、早く処理したいからといってそのまま包んで捨ててませんか?

それが悪臭のもとになってしまいます。

 

ただうんちを流すのって何気にテクニックが必要なんですよね。ミスってしまうと手についてしまう悲劇になってしまったり、、

また赤ちゃんのうんちは柔らかい事も良くあります。

そういった方はこれを使ってみてください。

 

これでうんちをすくって、ヘラごとトイレにながせます。
組み立ても数秒で出来るので、面倒にもならないです。

それでもうんちの臭いって残ってしまう。。

先程のヘラで上手にすくっても、うんちは多少は残っちゃいます。

そのままゴミ箱に捨てると強烈な臭いを醸し出してくれます。

そんな時無料で出来る対策があります。

【食パンの袋に入れる】です。

食パンの袋は普通の袋よりも臭いを通しにくいポリプロピレン、という素材で出来ているそう。。

食べ終わった食パンの袋は捨てないで保管しておきましょう。

 

それでも物足りない方にはこちら

 

この袋にうんちを入れたら、全くと言っていいほど臭いが発生しなくなります。
長時間の移動のや、旅行中にも使用をオススメします。
また、こちらは生ごみなどにも利用できます。

おむつの外に漏れてしまう

おむつの外に漏れてしまう原因は??

おむつが上手く装着できてなかった時に起こる【うんちおむつ外流出】

これはなかなかの悲劇ですよね。

テープを閉めるのが甘かったり、ギャザー部分を立てていない事が原因の多くだと思いますが、サイズが合っていない事も考えられます。

子供の体重と、適正サイズを照らし合わせるようにしましょう。

 

漏れてしまった時の対策

おしりふきで汚れを拭き取るようにしましょう。

薄手のものだと、手についてしまうので、なるべく厚手のものが良いです。

コストコで売っているおしりふきは、かなり厚手なのでオススメです。

 

キレイに拭き取ったら、消臭除菌をして下さい。

 

こちらは、赤ちゃんが間違って舐めてしまっても問題ない除菌スプレーです。

積極的にうんちの処理をしましょう

うんちの処理は、出来るだけ避けたいと思っている人も多いでしょうが、何回かすると慣れるので、大したことでは無くなるはずです。

いきなり一人でするのは難しいと思うので、奥さんに教えてもらいながら、自分で出来るようになりましょう。

 

うんちの交換が出来たら、子育てに関する事は殆ど出来ると思うので、積極的にチャレンジしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です