30代のパパへ お腹ポッコリしてきてませんか?3か月で7kgやせた方法を紹介します!

私は20代のころ、いくら食べていくらも太らなかったのですが、30歳を過ぎたあたりから、少しずつお腹の上に肉が乗っかってくるように、、

「どうせすぐにまた痩せるだろう」

と考えていたのですが、この考えが完全に間違えていました。

 

どんどん増えていく腹の上の肉、しまいには顔までパンパンになってきてしまいました。

このままでは、年齢を重ねていくと、みすぼらしい体型になってしまうと思い、ダイエットを決意しました。

 

まずは20代のころと一番太った時の身体データはこちら

 

20代

身長 172cm

体重 61kg

32歳(MAX太った時期)

身長 172cm

体重 69.5kg

 

MAX太っている時でも、世間一般的に太っているとは言われない感じではありませんでした。

ただしお腹と顔がパンパンになってしまい、自分の中ではかなりの変化を感じました。

太ってしまった原因と、私がしたダイエット方法のご紹介!

太ってしまった時のデメリット一覧

このように太ってしまった時の嫌だったこと、不便だったことを列挙していきます。

タイトな服を着れなくなる

お腹が出たうえでタイトなTシャツを着ると思い切りお腹のポッコリ具合が露見されます。おのずとゆったりしたサイズの服を選ばざるを得ず、選択の幅が狭まります。

 

痩せていた頃のズボンが履けない

よく聞く話ではありますが、痩せていた頃のズボンが履けなくなってしまいました。

特に困るのがスーツのズボン。タイトなサイジングが殆どなので、違和感が凄いです。

 

息切れが早くなる

痩せていた頃と比較して息切れがかなり早くなりました。

駅構内の階段、時間が無く小走りをした時、、挙げればきりが無いですが、息切れが凄い多くなりました。

 

巷でも良く言われていることですが、実際に体験すると情けなくなりますね。。

 

自分の生活をまずは見直す

まずは何故太ったのか、原因を生活の中からピックアップしました。

 

  1. 晩酌でビールを飲み過ぎる
  2. 晩酌後も飲み、その時にポテチを食べてしまう
  3. 日常で動くことが少ない
  4. 白ご飯が好きでお替りしてしまう

これは太ってしまうのも止む無しですよね。

 

生活環境から考えたダイエット方法

この生活環境を変えてしまえば、自然と痩せるんじゃね?と考えダイエット方法を考えました。

①ビールをハイボールに変更

ビールに比べてハイボールはカロリーが低いです。

自作でウイスキーを作ることにしました。

ウイスキーを少なめ、0カロリーである炭酸水を多めで割り、炭酸感を増やすと満足感を高まります。

ウイスキーはアルコール度数も高いため、おのずと量も減ります。

 

②つまみはスルメに変更

つまみは脂たっぷりのポテチを辞め、スルメに変更しました。一口を少なめにして噛む回数を増やし、量も減らすように心がけました。

日によってスルメを炙って食べたりし、飽きないように心がけました。

 

③通勤時にウォーキング、自転車通勤に変更

普段全く体を動かすことが無かったので、通勤に自転車、ウォーキングを取り入れました。

有酸素運動はダイエットに効果的で、なおかつ爽快感が出て、仕事にも好影響でした。

 

④間食を辞める

普段間食をちょこちょこしていましたが、思い切って辞めることにしました。

最初は結構きつかったですが、3日も経てば慣れて、お腹も空かなくなります。

それでも我慢できない時は、ガムを噛んだりコーヒーを飲んだりして誤魔化します。

 

⑤白ご飯の量を減らす

白ご飯も糖質が高く、太りやすいので、ご飯の量を半分にしました。

そのうち2日に1回位、白ご飯を完全に抜きました。

それだけでは満腹感が出ないのでキャベツの千切りにポン酢を掛けて食べることで誤魔化します。

 

⑥2週に1回フットサルに参加

これに加え2週間に1回、友人とフットサルに参加することにしました。

2時間半ミッチリと動きます。

フットサルに行く前と行った後に体重を図ったら1kg程度減ることもあります。

2週間で3kg減量

この生活を続けて2週間でアッという間に3kgの減量に成功!

自分でもビックリする位効果がありました。

ポッコリと出てきたお腹も少し凹んできました。

このペースだったら1か月で20代の体重に戻るんじゃないか、と思っていました。

 

 

1か月後、、体重の減りが鈍化

2週間で3kg減った後は減りが鈍化していきました。中には前日より太ってしまう日も。。

そういった日を繰り返しながら、少しずつ少しずつ体重が減っていきました。

 

3か月後 7.6kg減! 20代のころの体重にほぼ戻ることに成功

体重の減りが鈍化しても、ダイエット生活を継続していきました。

そして3か月後にようやく20代の頃に戻りました。

 

ダイエット生活3か月後

身長 172cm

体重 61.9kg

お腹の上の肉もなくなり、顔のむくみも無くなりました。

身体も軽くなり、いいことづくめです。

 

3か月ダイエットをしてみて

この生活を3か月続けて分かったことを纏めてみます。

  • 太る原因を最初にピックアップする
  • その原因を改善する方法を探る
  • 運動は絶対にオススメ
  • 食欲は抑えると、徐々に低下していく
  • 痩せるのが鈍化しても焦らない
  • 継続性が大事

短期的な結果で一喜一憂しないで淡々と継続していくと、必ず結果が付いてくる事が分かりました。

1番大事なのは、原因をすべてピックアップし、その中で改善できる方法を探ることだと思います。

また、自分の無理のない範囲でしないと継続出来ないので、負荷を掛けすぎない事をお勧めします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です