web上の付箋 タスク管理ツール「Trello」が便利すぎる

皆さんは「Trello」というツールをご存知でしょうか。

必要なタスクや、Todoリスト、メモなどを付箋のようにweb上で管理できるツールです。

 

実際の付箋を使うと風で飛んでいったり、付箋自体が無くなって伝達漏れに繋がることも。。

紙で管理すると上記のような恐れがありますが、「Trello」を使う事でそういった心配も無くなります。

 

無料で利用が出来るのに、めちゃくちゃ便利です(有料版だとさらに便利!!!)

 

自分ひとりでの使用、会社で社員同士のタスク管理、家族での共有事項など様々な使い方ができます。

そんな「Trello」について紹介したいと思います。

 

Trelloとは

Trelloは、カードを動かしながらタスクを視覚的に管理できるかんばん形式のツールです。必要な情報を共有し、チームの誰もが進行状況をすぐに把握することができます。

ホワイトボードがweb上で使えるような感覚です!共有も簡単に出来るので、会社の部署で使用するととても便利でしょう。

 

登録方法

登録方法は至ってシンプル。googleアカウントがあればあっという間に作成できます。

トレロログイン

トップ画面

 

 

googleアカウントがあれば、簡単にアカウント作成可能

「Googleアカウントでログイン」をクリックしたらOK。

どんな使い方が出来るのか

ではどのように操作するか紹介していきます(直観的なので操作もしやすいです)

 

ボードの作成

ボードとはホワイトボードのようなものです(紛らわしい表現ですみません)

作成画面は以下の通りです。

実際の仕様画面(タスクリストは筆者が作成したもの)

 

「新しいボードを作成」を選択し、ボードに名前をつけます。

このボードを他の人に共有もできるので、チームでのタスク管理にもうってつけです。

 

リストの作成

 

ボード上での完了、Todoなどのリストを作成します。

 

そのリストの中に具体的なタスクを記入したカードを作成します。

 

カードをクリックすると様々な設定が出来ます。

  • 詳細説明:具体的な事柄やURLを貼るなど、補足事項を記載できます。
  • ラベル:ラベルの色分けで優先事項などを設定することができます。
  • チェックリスト:カードのタスクを細分化し、各セクションごとにチェックできます。
  • 期限:これが重要。期限を設定しメールアドレスに通知することが可能です。

期日を設定できるので、漏れもなくせます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホワイトボードや付箋だと、設置している場所でしか確認が出来ません。

しかしトレロならアプリもあるので、どこにいても確認が出来ますし伝達漏れも大幅に改善出来ます。

 

また自分だけの忘備録など、使い方によっては色々な事も可能になります。

ぜひ会社での業務改善や、様々な場面で利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です