家族旅行で民泊を使ってみよう!

最近よく耳にするようになった【民泊】

世間ではネガティブな報道が先行し、あまり良い印象を持っていない方も多いのではないでしょうか?

 

2018年6月に民泊に関する法律が制定され、違法な民泊はほぼ無くなったそうです。(まれに違法があるらしいですが・・)

 

そこで今回は民泊とホテルとの違い、民泊で泊まるメリットデメリットをお伝えしていきます。

 

そもそも民泊ってなに??

日本における「民泊」とは、かつては農村や漁村の民家などに宿泊・滞在することを指していましたが、ここ数年でAirbnb(エアー・ビー・アンドビー)をはじめとする個人同士の部屋の貸し借りを仲介するインターネットサービスが急激に普及したことで、「民泊」の意味そのものが大きく変わりつつあります。

「民泊」という言葉に法律上の明確な定義がありませんが、現在では「民泊」と言えば一般的に自宅の一部や全部、または空き別荘やマンションの一室などを他人に有償で貸し出すことを指すようになっています。

日本では個人が自宅の空き部屋を貸し出すといった小規模なものから、不動産企業が訪日外国人向けに建設した宿泊施設にいたるまで幅広い形態の宿泊サービスが「民泊」と呼ばれています。一方の海外では「バケーションレンタル」「ホームシェアリング」といった表現が使われており、企業によって使用する表現も異なっています。

このように、定義が広いのですが一般的にホテルや旅館ではなく、マンションや別荘地のようなところに宿泊することを言います。


具体的にホテルや旅館と何が違うの??

ホテルや旅館は宴会場や食事会場、大浴場など共有する部分が多いですが、民泊は一軒家やアパートを改装したものが多いので、他のグループと共有することは殆ど無いです。

但し民泊はご飯が提供されない、食事会場もないので、自分で用意しないといけないです。

また、連泊の場合シーツやタオルの交換は無いトコロが多いみたいです。事前に確認してみるのも良いかもしれません。

設備が充実?

マンションやアパート、または一軒家のタイプが多い民泊は家電などの設備が充実していることが多いです。

洗濯機や食器類や調理器具が置いていて長期滞在も出来るようなトコロも。

ビジネスホテルではなかなか無い、風呂とトイレが分かれているのも魅力です。

ベッドも多く室内も広いので、家族で宿泊する場合の居住性は民泊の方が優れているかもしれませんね

民泊に泊まるのはどんな場合がいい?

  • 大人数で一部屋に泊まれるので、友人や家族と泊まるとき。
  • 食事は外で食べて客室では自宅のように寛ぎたいとき。
  • 俗に言う【おもてなし】を必要とせず、なるべく誰とも絡みたくない。
  • キッチンをつかって調理したい

こんな時は民泊で泊まってみることをオススメします。

「一文は一見に如かず」といいますので、一度是非試してみてください。

AirbnbBooking.com

この予約サイトは民泊施設が沢山掲載していま。是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です