【最高】『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読んで

皆さんは眼鏡のチェーン店の「オンデーズ」をご存知でしょうか。近年店舗数を増やしている「オンデーズ」

そんなオンデーズの企業再生の壮絶なストーリーが今回紹介する【破天荒フェニックス】です。

 

事実を基に小説化した本書は【事実は小説より奇なり】を地でいくような出来事の連続。

500ページ程度あるのですが、ジェットコースターのような浮き沈みに、ハラハラドキドキの連続で自分でも信じられないくらい心を鷲掴みにされ、寝る間を惜しみ深夜まで読んでしまいました。

 

 

 

破天荒フェニックス ざっくりしたあらすじ

僕は、絶対に倒産すると言われたオンデーズの社長になった。

年商20億円、銀行からの借入金14億円、赤字2億円と倒産寸前の眼鏡チェーン店オンデーズ。

田中社長は周囲の反対を押し切りこの会社を買収し、再生に乗り出した。

しかし毎月が綱渡りな資金繰りで、何度も何度も倒産間近の絶望的な状況にあってしまう。

また信頼した人からの裏切り、大手企業との攻防。

崖から登った瞬間にまた崖に突き落とされるような展開ばかりで、読んでいるだけなのに胃が痛くなるような思いに。。

 

そんな場面の連続でも、助けてくれる人がいったり、信じられないような運のよさ、破天荒すぎる経営手腕で倒産のピンチを回避し、不死鳥のように蘇り徐々に徐々に経営状態も回復していく。


ネタバレさせたくないので、ものすごく簡単に纏めましたが、本当にメチャクチャ面白いです。是非購入されることをオススメします。

 

こんな人に読んでほしい

  • 近い将来起業しようとしている人
  • 仕事での悩みが多い、モチベーションが下がっている人
  • 最近熱くなる出来事が無い人

心の底から熱くなれるものが、この本にはあります。

 

そして読み終えたら絶対にオンデーズと田中社長のファンになってしまいます。

私は完全にファンになりました。眼鏡はオンデーズでしか今後買わないと思います。

 

これも田中社長の作戦の1つでしょう。その作戦に乗っかって、近いうちにオンデーズに眼鏡を買いにいきたいと思います。

 

最高の本でした。ぜひ皆さんも読んでみてください!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です