ビジネスメールの【TO】【CC】【BCC】の違いって何??

ビジネスで必要不可欠な電子メール。

近年はslackやチャットワークを代表するビジネスチャットが台頭してきていますが、まだまだメールを使う必要も多く、重要度は高いですよね。

 

メールを送信する時、TO、CC、BCCがあるのはご存知の方も多いと思います。

ただ具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

それぞれ上手に使わないと失礼になってしまうことも。。

そこで今回は【TO】【CC】【BCC】の違い、使用する場面などをお伝えしていきます。

TOとは

Toは「宛先」を指すものです。

つまりは送りたい相手のアドレスを入力するメール送信のスタンダードなもので、「あなたに読んで、返信が欲しい」という意思表示です。

また、送信相手は複数人を設定することが可能です。

 

CCとは

CCとは「carbon copy (カーボンコピー)」の略の事です。日本語で「複写」です。

CCは基本的に複数の人にメールを送るときに使います。

TO(主となる送信者)に送ったメールを共有や目を通してほしい場合に利用します。

 

つまり、TOとは違い、返信を求めない人にCCを利用します。

 

使用例
例取引先にメールを送るときに、上司に「こんなメールをおくりましたよ」という意味合いで上司のアドレスをCCでを付けたりします。

BCCとは

BCCは「blind carbon copy(ブラインドカーボンコピー)」の略です。

TOやCCとの違いは、「BCC」で受信したメールアドレスは他の受信者には表示されないというところです。

つまり、誰に送信したか受信者にはわからないようにする為です。個人情報の保護が目的でもあります。

CCで来たメールへの返信

基本的にCCで届いたメールは情報共有で返信不要ことが多く、当事者では無いという意味合いがある為、返信しなくても大丈夫です。

ただし返信を望むような内容の記載がある場合は返信したほうが良いので、ケースバイケースで見極めていくことが望ましいです。

 

BCCで来たメールは?

BCCで受信したメールへの返信は基本的にしなくて良いです。

前述したCCと同じで返信を要すると判断した場合は返信しても良いでしょう。

注意
返信するときは絶対に差出人へ返信を選ぶこと

全員に返信を選んでしまうと、CCやTOの受信者にまで返信内容が届いてしまいます。

これはビジネスマナー的に絶対に避けておくべき。

細心の注意を払ってください。

最後に

メールは電話と違い相手の時間を奪うことなくFAXや郵便より便利に送信できるため、重要なツールです。

その手軽さが故に簡単に送ってしまいがちだと思います。

TO,CC、BCCの使い方を間違えると、下手をすると大惨事に繋がってしまいます。

意味をしっかりと把握したうえで、送信前は落ち着いてしっかりと確認する事を怠らないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です